\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
生活

1時間で何個出来る?の計算の方法。何枚必要?24のかけ算など仕事で使う計算方法を紹介

仕事でよく使う計算

仕事をしていると、計算することは多々あります。

ゆっくり計算すると皆さん出来ていると思いますが、基本を頭に入れてすぐに計算できるようにしておきましょう。

この記事では、次の計算を説明しています。
・1時間で何個できるか?
・シートは何枚必要か?
・25を掛ける計算
・24を掛ける計算
 

1時間で何個出来る?

例題18分で24個できる場合、1時間では何個できますか?

1時間何個
計算 60(1時間は60分)÷ 8(分) =7.5(回)
7.5  ×  24(個) = 180

答え180個出来ます。

例えば、ライン作業や梱包などでよく使うと思います。

ライン作業

シートは何枚必要

例題2

貼り紙15
320個の商品に1枚ずつシールを貼ります。
15枚付きのシートが何枚必要でしょう。

計算(電卓を使用しての計算)
320 ÷ 15  =  21.333333 この小数点以下も意味のある数字です。
電卓表示そのままで 整数の21を引いて、(21シートと…と覚えておく).333333 に15を掛けます。
0.33333 (打ちこむ必要はない) × 15  =   4.999995と表示されます。
4.999995は 5 と理解します。
答え 21シートと5枚

1回で計算

320÷15ー21(出てきた数字の整数部分) ×15=4.999995
途中、電卓のACボタンは押しません。

普通に計算した場合

20÷ 15 = 21.33333(一旦電卓を0にする)
21 × 15 = 315 (一旦0にする人が多い)
320 –  315=5 (21を忘れがち)

何ケース必要?

例題3
2210個、商品が必要です。商品が12個入りのケースが何個必要ですか?

計算方法

2210÷12−184×12=1.999992→2となる
『電卓の画面で2210÷12−とすると、画面に184.1666と出ています。
0に戻さず、整数の184覚えてながら引いて、割った数(12)を掛けます』
答え184ケースと2個

25を掛ける計算を暗算で

仕事で計算が一瞬でできたらすごくかっこいいですよね。
25のかけ算はとても簡単なので、覚えておくと便利です。

25=100の4分の1です。よって4で割って、100倍にします。

例題
36×25=900 (36÷4×100)

18×25=

答え
450

26×25=

答え
650

16×25=

答え
400

24を掛ける計算(ちょっと複雑)

仕事では、24を掛けることの方が多いと思います。
例えば、1ケースに24入りや、1パレットに24乗せなどです。
24を掛けるには先程の25を掛ける計算を応用します。

例題
36×24=25を掛ける計算をして、36(掛けられる数)を引きます。
36×24=900-36=864

24×24=

答え
576

12×24=

答え
288

42×24=

答え
1008

仕事で使う計算式・外部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました