\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
iPhone

iphoneの標準アプリ【写真】で、写真加工。編集の方法をアイフォン初心者向けに紹介。

写真加工は標準アプリですぐに出来ます

iPhoneで、写真の加工をしていますか?標準アプリだけで、十分に加工出来ます。
ここでは、文字の入れ方、吹き出しの入れ方などの紹介をします。

写真を加工しよう

下の写真のように加工していきましょう。

まずは、加工したい写真を選択→右上にある編集と書かれている文字をタップ

まずは、右上のオレンジの太陽を描きます。

  1. マークアップツール(図1)•••をタップ。マークアップ をタップ。
  2. マーカー(図2)タップして、太さ調節バーを右にスライドしてヽをタップ。
  3. カラーボタン(図2)で色を選択して、完了をタップ。写真上に絵を描く。
  4. ペン(図2)選択して太さを、カラーボタンで(図2)黒を選択して太陽の顔を描きます。

日付と四角の枠を描きます。

  1. (図4)の右下の+をタップすると、写真に◻︎が追加されます。
  2. 四角の中から、塗りつぶしている□をタップ。黒で、塗り潰されます。
  3. カラーボタンをタップして、色を選択上にある、完了をタップ。
  4. 青い○が囲っている状態の時に大きさを変えたり移動出来るので、使用したい場所まで移動。
    (青い○が消えたら、一度、他の場所をタップして、もう一度文字をタップしましょう。)
  5. 文字を入れます。+をタップ。 テキストを選択。写真上にテキストと表示されています。
  6. 写真上のテキストという文字をタップ。編集をタップか、ダブルタップして、編集します。
  7. 日付が、本日だったら、今日と入力したらその日の日付が候補に出るので、選択します。
  8. 図3の左下ぁあを、タップ。文字の種類と大きさ、位置の選択が出来ます。
  9. 同じ要領でもうひとつ四角の枠を作って、日付の周りに移動します。

吹き出しを作ります。

  1. +をタップ吹き出しを選択。
  2. 上と同様、青い○で囲っている状態の時、移動、大きさ、カラーを変更します。
  3. テキストを、編集します。失敗してもマークアップと、書かれている横の矢印↩️が、やり直しボタンです。一度押すたびに、ひとつ前の作業に戻ります
  4. 吹き出しを塗りつぶす場合は図の塗りつぶした四角を先に作り、後でテキストを作ります。
   

ものさしを使います。

  1. ものさし(図2参照)をタップして、写真上にものさしをだします。
  2. 一本指で移動して、二本指で角度を変えます。
  3. ペンを選択して、ものさしにあてて、直線をひくと、線が真っ直ぐにかけます。
  4. ものさしをもう一度タップすると、ものさしは消えます。

消しゴム 投げ縄ツール

  • 描画をやり直すには、消しゴムボタンをタップし、消したい部分の上を指でなぞります。
  • 描いたものは投げ縄ツールで、移動できます。投げ縄ツールを。タップして、描いた部分を丸く囲むようになぞり、ドラッグして好きな場所に移動してください。
  • 元に戻すをタップすると、編集する前の写真を撮った最初の状態まで戻ります。

画像を一からカンタン美しく作成出来るツールもオススメ

ブログのアイキャッチ画像や、YouTubeのサムネイル、プレゼンテーションなど、色々なデザインがカンタンに無料で作成できるCanvaは、とても使いやすいデザインツールです。

初心者でも簡単にデザインが楽しめるので、使い方を覚えておくと良いと思います。

【Canva】で簡単デザイン 

canva でデザイン 

Canva 公式ページへ進む

写真を透過。カンタン透過サイト。pekostepはこちら

最後に

写真の加工は、慣れるのが一番です。いろんなボタンをタップして、何度も描いて、様々な加工に挑戦してみましょう。

すぐに描けるようになるとメモがわりにもなるので、写真をもっと便利に使いこなす事が出来るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました