\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
\少額でマンション経営!/

グリーンワークホース
MacBook

MacBookで図を描く時。白紙から画像を作成。【Keynote】でpng画像保存。

keynoteアイキャッチ

MacBookで図を描く時 Keynote を使ってみてはいかがですか。

Keynoteとは

”アップルが開発している、macOS/iPadOS用のプレゼンテーションソフトウェアである。
Pages、NumbersとともにiWorkスイートを構成する。”

Keynoteと言えばiOSでプレゼンテーションのスライドショーの

作成に便利なソフトですが、
初心者が図形を描くのに使いやすいソフトでもあります。

Apple-Keynote公式サイトへ

Keynoteで図を描こう

MacBookで右クリック(マウスなし)

設定によって違うかもしれませんが、
トラックパッドを2本指でタッチか3本指でタッチが多いでしょうか。

図形の組合せ/拡大・縮小・グループ化

keynoteの例
方法
選択方法 ※MacBookのショートカットの設定によって異なる。 

画像の透過・曲線

透明度を変更 
曲線の描き方

重なり順(レイヤー)を変更する

重なり順説明

1ページだけの保存

Keynoteは基本プレゼンテーション用のアプリです。普通に保存すると、.keyの拡張子で出来上がり、ワードプレスにも挿入できません。

そこで、画像を .png で保存する手順を紹介します。

保存の手順

  1. ファイル→書き出す→
  2. イメージ→開始を選択して、1から1として、
    フォーマットをPNGに変更→
  3. 次へ→分かりやすいところに保存(フォルダができている)
保存方法

最後に

白紙に図を描くのにMacBookでは、【Pages】の方が推奨されているかもしれませんが、私自身【Keynote】の方が、使いやすく編集もしやすかったのでワードプレスでよく活用しています。

【Keynote】の本当の素晴らしさは、アニメーションの豊富さや、素晴らしいスライドショーが作れることですが、残念ながらプレゼンをすることなどもう無いので、ブログに図解を挿入する時にこれからも使用したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました